【FF14のシステム】混雑ワールド(サーバー)とは?

混雑サーバーFF14のシステム

サーバー

FF14には「サーバー」というシステムが存在しています。

これは自分のプレイするための場所のことを示す言葉であり、ゲーム内では「ワールド」と表現したり「鯖」と表現したりしています。

サーバーの集合体を「データセンター(DC)」と呼んでいたりも。

この辺は中々複雑で、始めたばかりのころ私も戸惑ったシステムの一つとなっていましたね。

今はもう理解できていますけど(笑)

 

FF14のサーバーは全部で68個存在!!

FF14のサーバーは全部で68個も存在しています。

すごいサーバー数ですよね。

北米DC、欧州DC、日本DC合わせての数ですが!

これだけのサーバーが存在していると、どのサーバーを選んでいいのかよくわからなくなりがち。

私も最初スタートするときに、どこのサーバーでプレイしようか悩んだものです。

 

サーバーの中には「混雑ワールド(サーバー)」がある

サーバーを選ぶ画面になると、一部選択ができなくなっているワールド(サーバー)があります。

画像中文字が暗くなっているワールド(サーバー)が混雑ワールド(サーバー)と呼ばれます。

暗くなっているということでピンとくる方もいらっしゃるかもしれませんが、このワールド(サーバー)を選ぶことができなくなっているんですよね。

ということは、このワールド(サーバー)では新規キャラクターを作れない。

そういうワールド(サーバー)が混雑ワールド(サーバー)と呼ばれます。



混雑ワールド(サーバー)でできないこと

混雑ワールド(サーバー)になると「できないこと」というのが出てきます。

・新規キャラクターを作れない

・ワールド(サーバー)移動ができない

この2点が混雑ワールド(サーバー)の特徴となっています。

デメリットともいえるかもしれません。

現在のプレイヤーだけで満杯となっているため、対象ワールド(サーバー)へ人が流入できないようになっています。(※ワールド間テレポは可能)

 

混雑ワールド(サーバー)特有のサービス

混雑ワールド(サーバー)には特有のサービスもあります。

それが「優遇ワールド(サーバー)へ移動する移動料金が無料」というもの。

通常ワールド(サーバー)移動をしようとすると、リアル料金がかかってしまいます。

それが、混雑ワールド(サーバー)から優遇ワールド(サーバー)へ移動するときに限り料金が無料となるのです。

混雑ワールド(サーバー)の人がワールド(サーバー)移動を考えたときは、便利なシステムとなっています。

 

混雑ワールド(サーバー)は時とともに変化する

混雑ワールド(サーバー)は永遠に同じというわけではありません。

時の流れとともに、指定ワールド(サーバー)が変わっていきます。

それは後述する理由があるのですが、主にメンテナンスが実施されるときに見直されることが多いです。

メンテナンス終了後に混雑ワールド(サーバー)が解除された、または指定されたなんてことがよく見られます。

 

混雑ワールド(サーバー)があるのはワールド間人口平均化策の一環

なぜ混雑ワールドが(サーバー)が存在するのか?

それはFF14運営さんが実施している「ワールド間人口平均化策」の一環であるからです。

冒頭でも書きましたが、FF14には68ものサーバーが存在しています。

それだけの数のサーバーがあれば、人口が多いサーバーがあれば、少ないサーバーも出てきてしまう。

そこで、できる限りサーバーごとの人口を平均化しようという施策の一環です。

多い所には人の流入がないようにして、少ない所は優遇ワールド(サーバー)として人口を増やす。

こうしてサーバーごとの人口をならそうとしているんですね。

ということで、今回は混雑ワールドのお話でした!

 

サーバーの話題色々!

他にもサーバーの話題があります。

【FF14のシステム】サーバーとは?
FF14のサーバーについて。北米DCに24、欧州DCに12、日本DCに32のサーバーが存在しています。すべて合わせると68サーバー。中々のサーバー数となっていますね。FF14がワールドワイドに展開していることが分かります。
【FF14のシステム】優遇ワールド(サーバー)とは?
FF14には優遇ワールド(サーバー)というのもが設置されています。これはサーバーごとのプレイ人口を均衡に保つための施策の一環にもなっています。優遇ワールド(サーバー)では、経験値100%アップなど、ゲームを進めるうえで様々な優遇措置を受けることができます。
【FF14のシステム】ホームサーバー(ホームワールド)
FF14には68のサーバーが用意されています。その中から1つを選んでプレイすることになるのですが、自分が最初に選んだサーバーがホームサーバーと呼ばれるサーバーとなります。ホームサーバーでしかできないこともいくつか用意されているので、ホームサーバーというのも大事なシステムの一つとなります。



コメント