【FF14のシステム】「称号(しょうごう)」

アチーブメントFF14のシステム

FF14のシステム

FF14には様々なシステムが実装されておりまして。

それがゲームに奥行きを与えています。

 

「称号(しょうごう)」

FF14には様々なシステムが実装されていますが、今回は「称号(しょうごう)」についてみていきたいと思います。

称号は、それぞれに設定されている条件を達成することで得られるものの一つ。

称号を獲得すると、自分のキャラクターネームの上に称号を付けることができます。

他のプレイヤーさんたちに見せることができ、自分が得た称号を自由に付けることができるシステム。

人が集まっているところに行くと、色んな称号を付けているプレイヤーさんがいるのを体験できることでしょう。

 

称号の獲得方法も様々

そんな称号でありますが、称号の獲得方法も実に様々。

色んな称号があり、色んな条件が設定されています。

具体的に称号が獲得できる方法として

・クエストのクリア

・コンテンツのクリア

・敵を倒した数が一定数に達する

・ダンジョン攻略数が一定に達する

・高難易度コンテンツのクリア etc

色んな場面で獲得できるようになっており、その種類も相当な数用意されていますね。

ものすごい数となっているので、これを全部集めようと思うと相当大変だろうなと思います。



コレクター要素にもなっている称号

称号はかなりの種類があるために、これを集めているコレクタープレイヤーさんなんてのも存在しています。

私のフレンドさんやコミュニティメンバーさんの中にもこうしたプレイヤーさんがおり、もうちょっとで獲れる~!と日々頑張っています。

中にはかなり大変な条件設定がされているものもあり、そうした称号を獲るには時間がかかったりも。

そこもまたやりこみ要素ということになるんでしょうけどね。

私は・・・それほど集めてはいません(笑)

 

個性の出る称号

実際にゲームをプレイしてみるとわかりますが、FF14プレイヤーさんには色んな称号を付けています。

その称号を見ることで、その人がどんなプレイヤーさんなのか?を想像することもできるんですよね。

それがその人の個性にもなっているんですが。

例えばエンドコンテンツ系の称号を付けている人はバトルが好き、ギャザクラ系の称号を付けている人はギャザクラ好き。

ジョブ系の称号を付けている人はそのジョブが好きなんだろうな~と思いますし、ゴールドソーサー系の称号を付けている人は、そうしたコンテンツが好きなんだろうと。

こうして「自分はこういうプレイヤーですよ!」というアピールになっている部分もあると思います。

じゃああなたは?

付けていないんですよねこれが・・・(笑)

私のように付けないという選択をするプレイヤーさんも、もちろんいます。

 



コメント