【FF14のジョブ】学者(巴術士/ヒーラーロール)

学者FF14のジョブ関連

FF14には様々なジョブがある!

FF14にはロールごとに様々なジョブがありましてね。

タンクロールに4ジョブ、DPSロールに11ジョブ、ヒーラーロールに3ジョブ存在。

全18ジョブになるんですね~、改めて多いなって思うところ(笑)

それぞれ特徴を持った個性的なジョブとなっています。

 

ジョブ「学者」

FF14には様々なジョブが実装されているますが、今回はその中から「学者」のお話。

学者はヒーラーロールに属しているジョブです。

学者は人気のあるジョブの一つとなっており、オートマッチングでコンテンツに突入してもよく見かけるジョブの一つです。

ヒーラーの中でも「バリアヒーラー」と呼ばれるヒーラータイプとなり、回復よりもバリアを張ることに優れています。

また、妖精を使役することでも知られています。

 

クラスは巴術士!

ジョブの下位互換に「クラス」というものが存在しています。

これは完全下位互換となっており、LV30&クラスクエストをすべて終えることでジョブになることができるように。

学者のクラスとなるのは「巴術士」というクラス。

しかし、巴術士はヒーラーではなくDPSロールとなっていて、ジョブになることでヒーラーとなるクラスとジョブでロールが変わる珍しいタイプです。

 



武器は本!

学者の武器は「本」となっています。

本と言えば、DPSロールの召喚士も同じく本を使っています。

それぞれが専用の本となっており、召喚士の本を学者が装備することはできませんし、学者の本を召喚士が装備することはできません。

召喚士と学者は他のジョブと違い密接な関係があり、クラスを共有している兄弟みたいなジョブです。

 

学者特有のシステム「妖精の使役」

学者特有のシステムとして「妖精の使役」なんてものがあります。

これは妖精を呼び出し、自分とは別に回復に参加してもらえる優れた相棒。

指示を出すこともできるようになっており、自分と妖精二つの操作を必要とします。

ヒールをこなしてくれる妖精がいる一方、自身はバリアを展開して敵の攻撃から仲間を守ります。

ヒーラーとしての王道という感じではありませんが、妖精とともに行うバトルは中々面白いものです。



攻撃も魔法で行う

妖精やバリアに目が行きがちな学者。

しかし、FF14ではヒーラーも攻撃参加するのが鉄板となっているんですよね。

「バイオ」や「ルイン」といった攻撃魔法を軸に、回復と攻撃両方を行っていくジョブ。

それが学者です。

これは魔法を使うすべてのジョブに共通していることですが、魔法の発動には「詠唱」という硬直時間が発生するものがあります。

学者もその制約を受けており、攻撃魔法でも、回復魔法でも詠唱が設定されています。

また、蘇生魔法については「詠唱時間が非常に長く設定されている」のも特徴。

こうした魔法を撃つ場合には、詠唱中じっとその場でとどまっていなければなりません。

動いてしまうと魔法がキャンセルに。

そうしたところが、ちょっと面倒になったりしますね。

 

学者はバリアヒーラー

ヒーラーと一言に言っても、2つの種類に分けることができます。

それが「ピュアヒーラー」と「バリアヒーラー」。

ピュアヒーラーは純粋に回復を得意とするのに対し、バリアヒーラーはバリアを張ることを得意とします。

学者はこのうちバリアヒーラーに属し、回復よりもバリアの方を得意としています。

回復ができないというわけではないんですけどね。

 

学者(巴術士)になるには

学者(巴術士)は、新生エオルゼアで実装されたジョブになっています。

いわゆる初期ジョブの一つとして数えられ、ゲーム開始時から選択できるクラスでもあります。

クラスの間はDPSロールに属しており、召喚士とクラスを共有。

このため、召喚士と学者は常に同じレベルとなっており、どちらかを上げると両方のレベルが上がっていくという特徴を持っています。

これはFF14唯一となっており、大変珍しいジョブです。

最初に選択しなくても、ジョブチェンジができるようになると、真っ先に開放することもできるクラスともなっていますね。

開放するとLV1~始まり、1からクラスを育てることになります。

 

学者をやってみた所感

すべてのジョブを触ってみてカンストさせた私の感想です。

私がFF14を始めたとき、一番最初にメインジョブにしようと思ったのがこの学者でした。

ヒーラーなら白魔道士の方が・・・と言われたこともあるのですが、どうも学者が気になってプレイしてみる気になりました。

やってみると、ヒーラーながらバリアを張るのが仕事の為、イメージしていたヒーラー感とはちょっと違いました。

バリアは敵の攻撃が来る前に張らなければならないため、先を読むことが必要なんですよね。

初心者さん向け・・・とは言いませんが、ある程度慣れたら手を出してみてもいいのかな?と思ったジョブでした。

 

学者の話題色々

学者の話題が他にもあるので、よかったらご覧くださいm(_ _)m

・【FF14あるある】学者の本体は妖精と言われる

・【FF14あるある】学者でコンテンツ突入!あれ・・・なんか忘れてる?

・【FF14の小ネタ・小技】召喚士と学者は一方のレベルが上がるともう一方も上がる

 

巴術士の話題色々!

他にも巴術士の話題がありますので、よかったらご覧くださいm(_ _)m

・【FF14のジョブ】召喚士(巴術士/遠隔魔法DPS)

・【FF14のジョブ】クラス「巴術士」は何と読む?



コメント

  1. […] ・学者(巴術士) […]

  2. […] 当時学者と忍者の二刀流でプレイしていたのですが、初見IDでヒーラーをするのはちょっと怖いと思っておりましてね。 […]

  3. […] 今回は学者に関するあるあるです! […]

  4. […] 今回の主役となるのはジョブ「学者」です。 […]