【FF14の演奏】私が演奏を始めたきっかけ

演奏Crescendoの体験談

演奏コンテンツ!

FF14には「演奏コンテンツ」なんてものが実装されていましてね。

ゲーム内で楽器を演奏し、楽しめるようになっています。

私も時々この演奏コンテンツを楽しんでいるのですが、今回は演奏を始めるきっかけとなったお話です。

 

紅蓮のリベレーター後半からFF14を始めた

私がFF14を始めたのは、紅蓮のリベレーターも後半に入っていた頃でした。

リアフレに誘われて始めたのですが、誰もがそうかもしれませんが最初はストーリーを進めることに注力しておりまして。

サイドストーリーやメインコンテンツじゃないものは後回し!!

そんな風に進めていましたね。

まずはジョブのレベルを上げて、ストーリーを進めてリアフレに追いつく!!

それが最大の目標となっていました。

 

街中で演奏者と出会う!

ある日、ストーリーを進める中で「演奏をしている人」と遭遇しました。

その演奏者さんが結構お上手で。

しかも私が好きな曲を演奏していたんですよね~。

FF6が初出となる「決戦」という曲で。

FF14にはこんなコンテンツもあるのか!と思い、衝撃を受けたのを覚えていますね。

まだ実装されてから日が浅かったコンテンツでもあったんですが、自分でもやってみよう!なんて思うようになったのです。



始めようにも弓術士LV一桁だった!

どんなふうにやるんだろう・・・。

そんなことを疑問に持ち、FF14の演奏機能について調べてみることにしました。

すると「吟遊詩人LV30」という条件がorz

自分はまだ吟遊詩人にすらなれていません。

クラスの弓術士LVはまだ一桁。

これは・・・すぐにはできそうもないな・・・とちょっとがっかりしたいい思い出です。

最初は少し萎えてしまったものの、演奏に対する興味は失せることがありませんでした。

 

演奏したいが為に吟遊詩人になる!

FF14で演奏を楽しんでいる方に聞いてみると、結構こういう方もお聞きしましてね。

「演奏したいから詩人を始めた!」

ってパターン。

私もその一人となっていて、演奏機能で遊んでみたいので吟遊詩人を始めた!ってところです。

最初は学者と忍者の二本立てで遊んでいたんですけどね。

そこに吟遊詩人が加わりました。

最初から風呂敷を広げすぎた感もありましたが、まあ楽しいと思うこと、興味があるものをやっていくのが、ゲームを楽しむことなのかなと。



解放・・・はいいけどいきなり弾けるわけもなく(笑)

紆余曲折ありながら、演奏機能を開放した私。

吟遊詩人となり、早速演奏機能を開放して演奏してみます。

がしかし・・・あの時聞いたような演奏がいきなりできるわけもなく・・・(笑)

なんか・・・むずくね?と思いながら、ちょっとずつ練習をすることになります。

ストーリーを進めながら、煮詰まったら演奏して遊ぶ。

そんな日々が始まりました。

当時は今のように「演奏アシスト機能」も実装されておりませんで。

どの曲をどうやって弾くかは全部自分で調べたり、耳コピしなければなりませんでした。

 

その後FCでは演奏者のイメージがついた

コミュニティに参加していると、人それぞれイメージというのがありますよね。

○○さんはエンドコンテンツ好きだな、△△さんはハウジングすごいなetc

私にもこうしたイメージがあり、FCの中では演奏家のイメージがついています。

演奏を始めたメンバーから演奏の仕方を質問されたり、ちょっと弾いてみてって言われたり。

私が初めて演奏を知り始めるきっかけとなった街中の演者さん。

今私がFC内でですが、そうした存在になれているのかなと思ったりもしています。

そうだとしたら、いいよねって。

 



コメント